好きな治療が選べる

顔に触れる女性

初めて利用する時は

年齢や性別に関わらず、顔の大きさは何かと悩みの種になりますが、美容外科には小顔になる方法が色々揃っているため、顔を小さくしたい時は相談してみると良いでしょう。最も手軽な方法には、ボツリヌス菌から製造された薬をエラに注射するプチ整形があり、肌を切開せずに済むのが特徴です。この小顔になる方法は、顔の筋肉の中でも最大となる咬筋の張りを抑え、自然な雰囲気の小顔に改善します。また、脂肪溶解注射も注射器だけの治療となっており、顔に付いた脂肪を溶かして小顔にするのが特色です。注射なので取りたい部分の贅肉を狙って落とすことができ、分解された脂肪は体外へ排出されるため、リバウンドも致しません。そして、美容外科には骨削りや骨切り治療など、骨その物を整形して根幹から小顔になる方法もあます。張り出たエラ骨や頬骨を取り除いて小顔に整えられるのはもちろん、同時に様々な顔の悩みを解決することも可能です。例えば下アゴが上アゴより前に出ている場合でも、下アゴを後方にズラして修正できるほか、長いアゴにお悩みの場合でも、理想的なフェイスラインに整えられます。どの小顔になる方法でも、施術前にはカウンセリングを受けますから、相談内容を具体的に考えておくのがおすすめです。美容外科には多彩な整形治療が揃っているため、漠然とした相談内容では、様々な美容施術を提案されることがあります。場合によっては、特に本人は気にしていなくても、ドクターから見て鼻や目元を整形したらもっと素敵になると判断した場合、治療を提案されるかもしれません。それを希望する場合は良いのですが、単に小顔になりたいだけなら治療範囲が広がらないよう、希望内容はできるだけ詳細に伝えた方が良いでしょう。また、初めて美容外科を利用する際は緊張して聞きたいことを忘れる場合があるため、話したい内容を書いたメモを準備しておくと安心です。そして、何れの小顔になる方法でも、治療先を選ぶ時は値段ではなく、ドクターの実績や腕前を基準にしましょう。これは注射だけで済むプチ整形でも同様であり、厚労省から認可された製薬剤など、使用する薬の安全性も含めて選ぶのが肝心です。